丈夫なものにする

紙は、とても水に弱いものです。
水に濡れてしまうと、すぐに破れてしまいます。
すぐに破れてしまうようでは、手提げ袋として役に立ちません。
また、お店のロゴや袋の色が落ちてしまってもいけません。
そこで必要なのが、表面の加工です。
デザインのときの加工とは違って、手提げ袋を頑丈に、より長く使えるようにする加工です。
それはPPラミネートと呼ばれています。

PPラミネートといって、手提げ袋を水など外からの刺激から守るコーティング方法があります。
これを行なうことで、防水効果を上げて、色落ちを防ぐことが出来ます。
紙表面にツヤを出す効果もあります。
PPラミネートでツヤを出すと、強度が上がります。
ですが、ツヤを消す加工も行なうことが出来ます。
ツヤを消すと、マットな仕上がりにすることが可能です。

紙の表面をコーティングして、強度を上げることも可能ですが、紐を変えて強度を上げることも出来ます。
紐を変えるだけで、印象も変わります。
入れるものによって紐を決めることが出来るので、雑貨など小物のみを扱っているところはシンプルな紙紐でも問題ないでしょう。
多く使われているのは、アクリルスピンドル紐といって、三つ編み状にアクリ繊維糸を紡いでいる紐です。
比較的金額も安いので、数多くのお店で使われています。
洋服などのアパレルでは、肩にかけても負担がないようにアクリル平紐がよく使われています。
手提げ袋は紙質だけでなく、紐もこだわって決めていきましょう。