色を決める

手提げ袋の専門のメーカーも多いため、自分のオリジナルのものを作ることが出来ます。
お店であれば、ロゴを入れたものが必要になるでしょう。
どちらであっても、作るときにはまずデザインや色を決めなければいけません。
お店のカラーやロゴの色があるのであれば、それに合わせて作る必要があります。
手提げ袋の色は、一色の場合より、色を多く使う方が金額は高くなっていきます。
ですが、お店用で依頼するときは、大量発注の場合が多いので、発注する量が多いほど金額は安くなります。

手提げ袋の作成を依頼するとき、色だけではなく加工をお願いすることも出来ます。
特殊加工をすることによって、他とは違う素敵なものになります。
箔押し加工といって、金や銀などの色の泊を金型で押すことによって、印刷をするよりも目立つ印象を与えます。
お店の名前やロゴなどを際立たせるために、行っているところがあります。
浮き出し加工というものは、真正面からだと見えにくいですが、角度によって影ができ、その影によって浮き出るものです。
全面的に出すのではなく、さりげなくしたいというときにこの加工は最適です。
手提げ袋に高級感を出したいのであれば、シルク印刷というものも出来ます。
透明のインキを紙に柄として入れる加工です。
他とは一味違ったものにしたい場合などに、こういった加工をすることが出来ます。

紙の種類も、優しい手触りのもの・色を目立たせるためのもの・クラフト素材で優しい印象のものなどから選ぶことが出来ます。
手提げ袋の色を目立たせたいのか、お店の名前などを目立たせたいのか、素材を重視するかは自分次第です。
専門のメーカーと相談して、納得するものを作っていきましょう。